ChatGPTのビジネスでの活用方法とは
2023.12.27 掲載

ChatGPTのビジネスでの活用方法とは

業務コンサルティング
ChatGPT , IT , RPA

jQuery(function($){

//目次があるかどうか判断
var type = \’\’;
$(\’.conts_body\’).children().each(function() {
if ($(this).hasClass(\’no_bullets\’)){
var type = \’1\’;
}
});

//目次があれば処理
if( type == \’1\’ ){

var $loops = $(\’.conts_body\’).children();
var data = \’\’;
$loops.each(function() {

if ($(this).hasClass(\’no_bullets\’)){
return false;
}

var in_data = $(this).html();
data = data + in_data;
$(this).addClass(\’no_view\’);

});

$(\’.mv\’).after(\’

\’ + data + \’

\’);

}//if( type == \’1\’ )

$(\’.conts_body p img\’).eq(0).css({\’cssText\’: \’display: none!important;\’});
$(\’.conts_body .wp-block-image\’).eq(0).css({\’cssText\’: \’display: none!important;\’});
$(\’.conts_body h3 img\’).eq(0).css({\’cssText\’: \’display: none!important;\’});

});

.no_view{
display: none;
}
.add_conts img{
display: none;
}

業務コンサルタントが貴社業務を調査。 結果・改善をレポーティング

業務コンサルティング

サービスを詳しく見る
ご相談・お問い合わせはこちら

ChatGPTをはじめとしたAI技術を作業の効率化やデータ分析といった目的で、「どうやってビジネスで活用できるか」、模索している企業は多いのではないでしょうか。

RPAと同様にビジネスのさまざまな側面で活用される強力なツールであることは感覚的にわかっているものの、いまいちイメージが明確でない方へ、その使い方や特長について以下で詳しく説明します。

この記事の目次

  • ChatGPTとは
    • ChatGPTと今までのAIとの違い
    • ChatGPTの基礎技術と操作方法
    • ChatGPT- 4と3.5の違い
    • ChatGPT以外の生成AIサービス
  • ChatGPTの応用と活用例
  • ChatGPTのビジネスでの具体的な用途
    • ビジネスでの活用例(ChatGPT単体)
    • ビジネスでの活用例(ChatGPT連携)
  • ChatGPTのビジネスでのメリット
  • ChatGPTのビジネスでの課題
    • 情報漏洩の課題
    • 誤った情報の課題
    • その他の課題
  • ChatGPTのビジネスシーンでの活用予測
  • ChatGPTを始めとしたAI技術の住み分け

ChatGPTとは

ChatGPTは、OpenAIによって開発された自然言語処理のモデルであり、プロンプトと言われる指示や質問をすることで、人間のように文章を生成し対話を行うことができ、高度な言語理解能力を備えています。

ChatGPTと今までのAIとの違い

ChatGPTは生成AI(ジェネレーティブAI)というカテゴリに入り、簡単にいえばデータから新しい情報やアートを生成するAI技術のことを言います。一方、今までのAIは、識別AIを示すことが多く、データを与えられたクラスやカテゴリに分類する技術のことを言います。

どちらが優れている、といわけではなく用途によって使い分けられます。

ChatGPTの基礎技術と操作方法

ChatGPTの基本的な操作は非常にシンプルで、画面下にあるフォームにプロンプトをテキスベースで入力すれば、回答を生成してくれます。

日常会話と同じようなテキスト入力でも十分回答を得られますが、ビジネスで活用できるレベルの回答を得るには、プロンプトをわかりやすく、質問の意図を明確する必要があります。

ちなみにAPIを利用することで別システムと連携させ、様々な自動化やカスタマーサポートなどに活用することが可能です。

ChatGPT- 4と3.5の違い

ChatGPTには4と3.5というバージョンがあります。4は「ChatGPT Plus」という月額20ドル(2023年11月現在)の有料プランに契約すると使用することができます。3.5に比べて性能向上が図られ、より複雑な文脈を理解し、自然な対話が可能です。また外部システムとの連携も可能になり、より高度な業務にも対応可能となります。

4はMicrosoftアカウントがあれば無料で検索エンジン「Microsoft Bing」のチャット機能でも使うことができます。

ChatGPT以外の生成AIサービス

ChatGPT以外にも代表的な生成AIサービスがあります。
Microsoftが提供している「Bing AI」、Googleの「Google Bard」が有名です。

またMicrosoftには「Microsoft 365 Copilot(コパイロット)」というChatGPT-4を基盤としWordやExcelなどMicrosoft 365アプリと連携した生成AIサービスがあります。

ChatGPTとの違いは、WordやExcelにおいて標準で使えることです。
ただしWindows11環境でしか使えないため、Windows10の使用率が高いビジネスシーンでの普及はまだまだ先だといえます。おそらくChatGPTより活用イメージができる生成AIかと思われます。

ChatGPTの応用と活用例

多岐にわたる応用が可能なChatGPTの、ビジネスでの具体的な活用例を説明します。

ChatGPTのビジネスでの具体的な用途

ビジネスでの活用といっても様々です。ChatGPT単体なのか、有料版を契約し他システムと連携させ高度な生成技術を利用するか、で活用範囲が変わります。

ビジネスでの活用例(ChatGPT単体)

ChatGPT単体であれば、テキストで生成できる範囲のものが挙げられます。

例えば、
・議事録
・メール文
・社内FAQ
・採用広告文
・広報文
・サービス説明資料
・SEO記事
などの作成です。

そのほか、文献や膨大な資料の要約や翻訳などでも活用できるでしょう。

議事録の作成

会議や商談の議事録作成に時間をかけている方も多いでしょう。
例えば会議中のメモやZoomなどの機能の自動文字起こしの要約にChatGPTは活用できます。

プロンプトをしっかり設定すれば精度高く要約してくれますが、慣れないうちは「●●年〇〇月の月次の営業会議のメモを500文字以内で要約してください」でもOKです。

広報文の作成

広報文作成も簡単に作成可能です。複数回ChatGPTとやりとりを重ねれば精度の高い文章が作ることができます。

例えば最初は、
#指示
以下内容で1000文字程度の広報文を作成してください。

#内容
・●●年〇〇月に◎◎というサービスを開始
・世の30代の男性のXXという悩みに対して、XXという効果がある
・XX大学の研究結果で、今までの自社サービスより20%の効果が得られる
・他社に比べて値段も安い

#条件
・〇〇株式会社は、から始める
・全ての文章は丁寧語で終える

などざっくりとした内容からスタートし足りないところを自分で整理しつつChatGPTと会話していくことで納得のいく広報文が作成できます。

同じように広告のキャッチコピーや採用の募集要項なども簡単に作成可能です。

基本的には総務、経理、人事、営業といった部門かかわらず共通して発生するテキストに関連する作業が活用範囲となります。

ビジネスでの活用例(ChatGPT連携)

他システムと連携であれば、システムごとにある情報の取りまとめやカスタマーサポート、チャットボットなどでの自動応答、プレゼン資料の自動作成などが挙げられます。

よく使用されているシステムの具体例は、Googleのスプレッドシートやサイボウズが提供している「kintone」、チャットツールの「Chatwork」「Slack」などが挙げられます。

また、すでにChatGPTを組み込んだクラウドシステムも多数提供されています。商談議事録の作成、Webサイト構築、法務チェックなど用途が明確であれば、これらのシステム利用もChatGPTの活用になるでしょう。

ChatGPTのビジネスでのメリット

先述した活用例のようにChatGPTのメリットは作業時間の短縮です。

文章を考え作成する、情報収集するといった作業を、ChatGPTを活用することで大幅な時間短縮が可能です。たとえ生成された情報の全てが満足のいくものでなくても、一から作成するより圧倒的に楽になります。

ChatGPTのビジネスでの課題

ChatGPTをビジネスで活用するためには大きな課題があります。
それは情報漏洩と誤った情報への対応の2つの課題です。

情報漏洩の課題

ChatGPTの仕組み上、入力した情報が学習データとして活用されるため、同じような質問をしたユーザの回答で表示されてしまうリスクがあります。
ChatGPTは機微情報か否か判定できませんので、ChatGPTを使用する限り情報漏洩のリスクはあります。(オプトアウト設定もありますが、入力した情報がどうなっているかは不明)

人事評価情報、給与計算、事業計画、新商品設計など社外に絶対出せない情報では使わない、もしくは工夫した活用を徹底すべきです。

誤った情報の課題

ChatGPTの回答はすべてが正しいとは限りません。日々情報の精度は上がってきていますが、誤った回答をすることも多いため、必ずファクトチェックは必要です。

ファクトチェックはインターネットで同じ情報を検索する、文献を調べるなどが主な方法です。

誤った情報をそのまま会社の公開情報として世に出してしまうと受け取った人が不利益を被る、風評被害が起きる、さらには業績に影響が出る場合もあります。

ChatGPT自体、気軽に使えるため、誤った情報を発信してしまうリスクとしては無視できないでしょう。

その他の課題

その他の課題としては、ChatGPT単体だとやりたいことが限定的であること、ブラウザで起動するため従業員の使用レベルが管理しきれないことなどが挙げられます。

特に後者の場合、ChatGPTのサイト自体をアクセス不可にする対応が可能ですが、多くの企業が会社方針としてChatGPTをどう活用するか決まっていないことが多く、なし崩し的に現場レベルで個々で使用されはじめ、セキュリティも管理しきれない事態になっていることが多々あります。

まずは情報漏洩のリスクと誤った情報の扱いのためのルール設定をすることが重要です。

ChatGPTのビジネスシーンでの活用予測

ChatGPTは今後も進化を続け、より高度な自然言語処理技術が提供されることが期待されます。

ですが、入力した情報が学習データとして全世界に共有されるリスクは変わらないと考えられるため、対策として、用途を限定した使用方法や自社内だけの環境で使用できるChatGPTも出てくるでしょう。(とはいえ、自社内の情報では量が圧倒的に少ないのでChatGPTのポテンシャルを活かせるか疑問です)

ChatGPT以外の生成AIサービスの出現、特にMicrosoft 365 CopilotはMicrosoftアプリに特化したAIのため、Windows11の普及が進めばChatGPT以上に活用されることが期待できます。

またSFAや文書管理システム、ZoomやWeb商談システムといったオンラインツールなどに実装されるほうがビジネでの活用は現実的です。(つまり実装されているツールを使用することで自然とChatGPTを活用していることになります)

この場合、実装しているシステムのセキュリティポリシーを確認することで、入力する情報がどう使われる把握することができます。

ChatGPTを始めとしたAI技術の住み分け

ChatGPTは汎用型であるゆえ、文章作成などの支援ツールとしてビジネスでもさらに活用されると思いますが、ビジネスではChatGPTとシステムやアプリに具備された生成AIとの住み分けがされていくと予測しています。

ChatGPTはさらに幅広く活用され、柔軟で効率的なコミュニケーションや業務支援が可能になることは間違いありません。予測を超えてさらに使いやすく、かつセキュアになるような将来的な進化に備えつつ、潜在的な課題にも注意を払いながら適切に活用することが重要です。

最後に本記事もChatGPTを活用して書いています。まずは使ってみることをおすすめします。

業務コンサルタントが貴社業務を調査。 結果・改善をレポーティング

働き方改革や業務改善のため、「今の業務」を把握し見える化するサービスです。御社のご要望に合わせて3つのプランをご用意しており、上位プランでは改善提案もご提供します。30年1,000社の実績をもとにリーズナブルでかつ精緻な見える化サービスです。

サービスの特徴

  • 現状業務から課題を抽出し、一覧表をご提示
  • 短期間で現状を把握
  • 他社同様サービスよりもリーズナブル

FOCは、30年/1,000社以上のノウハウを活かし、御社のコア業務の生産性向上、バックオフィス部門のコスト削減に貢献します。

業務コンサルティングに関する

ご相談・お問い合わせはこちら

サービスを詳しく見る
ご相談・お問い合わせはこちら

03-5275-7137(平日9:00〜17:30)

ライタープロフィール

くもと編集

マーケター兼編集者
FOC 当コンテンツの編集者。
宝飾業界と広告会社を経て2008年 FOC入社。営業や制作ディレクターを経験し、現在はWebマーケティング担当兼当コンテンツの編集を担当。
「FOCのサービスに直接関係のない記事であっても、読んでくれた方の役に立つ情報をお伝えしていきます。」

くもと編集

  • はてな
    ブックマーク