【連載】クールアンサンブル ~人事×財務×経理が奏でる!煌めく音達♪~ 第九回「大切なことに対し、目を背けてはいけない。」
2023.07.20 掲載
2024.04.01 更新

【連載】クールアンサンブル ~人事×財務×経理が奏でる!煌めく音達♪~ 第九回「大切なことに対し、目を背けてはいけない。」

経理
人事 , 経理 , 財務 , 連載

jQuery(function($){

//目次があるかどうか判断
var type = \’\’;
$(\’.conts_body\’).children().each(function() {
if ($(this).hasClass(\’no_bullets\’)){
var type = \’1\’;
}
});

//目次があれば処理
if( type == \’1\’ ){

var $loops = $(\’.conts_body\’).children();
var data = \’\’;
$loops.each(function() {

if ($(this).hasClass(\’no_bullets\’)){
return false;
}

var in_data = $(this).html();
data = data + in_data;
$(this).addClass(\’no_view\’);

});

$(\’.mv\’).after(\’

\’ + data + \’

\’);

}//if( type == \’1\’ )

$(\’.conts_body p img\’).eq(0).css({\’cssText\’: \’display: none!important;\’});
$(\’.conts_body .wp-block-image\’).eq(0).css({\’cssText\’: \’display: none!important;\’});
$(\’.conts_body h3 img\’).eq(0).css({\’cssText\’: \’display: none!important;\’});

});

.no_view{
display: none;
}
.add_conts img{
display: none;
}

経理代行によって業務の効率化、コスト削減を実現する

FOC経理アウトソーシング

サービスを詳しく見る
ご相談・お問い合わせはこちら

~これまでのあらすじ~
TOARU株式会社で働く、人事部主任の館林、財務部課長の内藤、経理部部長の関口といった三人らが主人公。彼ら・彼女は、テレワーク期間中、社内のチャットシステム上での交流がきっかけとなり、意気投合する仲になった。三人が集う場所は、遊休資産が眠る“視聴覚室”だ。
 その中で、主人公の一人である財務部課長 内藤アヤカと、シニア層の男性部下ミズノと経理部長 関口の部下であるA課長といったメンバーらは、Z地方にある自社所有資産である倉庫に息吹を取り戻すため、プロジェクトを展開しようとしていた。
 Z地方の市章である“錨”をテーマに進めようとしていたが、何度かZ地方を訪れた中で、“白い家”にて、地元の人々が、謎の物質“ダイヤモンドダスト”の発掘に精を出している姿に刺激を受ける。
 これが契機となったのか、メンバーの一人である、A課長が突然の退職。なんと、この“白い家”で、Z地方の方と共に“ダイヤモンドダスト”の発掘を進める日々を送っているのだ。
 こうした一方で、TOARU株式会社では、高額で機能性の低い人事考課システムを導入しようとしていた。誰でもが想像できるような、公正ではない取引だ。主人公らは、もちろん、黙っていない。
 もしも、ここで目を背けていては、人事考課システムの不正取引のみならず、Z地方のダイヤモンドの発掘、そして、“視聴覚室”まで、悪しき組織により、潰されると予想されるからだ。
 財務部の内藤アヤカは、何らかの計画があるのか、財務部から人事部への異動を企てている。経理部長の関口ミツルは、人事考課システムの導入目的を、会議の場で上層部に対し、問いただそうとしている。それぞれが、良き方向へと動き始めているようだ。

この記事の目次

  • A元課長がZ地方で、何らかのアクションを興すのか?
  • 視聴覚室にて:経理部長の関口ミツル&財務部課長内藤アヤカとの作戦会議!
  • ミズノと館林。花壇の周りでの会話。

A元課長がZ地方で、何らかのアクションを興すのか?

“白い家の長老”といった古めかしい表現が正に相応しい高齢の男性は、本日もダイヤモンドダストの採掘の手を休めることはなかった。A元課長も彼のとなりで、同様に作業をしている。彼は作業をしながら、A元課長に語り掛けた。
「えーと、今日は何時から、あなたのお話を聞くのでしたっけ?」
彼女も作業の手を休めず、言葉を聞き取りながら、彼に応答する。
「15:00からですね。すみません、皆さんがお忙しい時に・・・まもなくですね」。
手を少し休めて、自身の左腕に巻かれている時計に目をやるA元課長だった。彼は、マスク越しで、白い家の中の人々に向かって、呼びかけた。
「皆さん、Aさんから、お話あるそうです。5分後にここに集まってください~!」
白い家内の他の“皆さん”も、手を休めることなく、二人に向かって、了解の意味で頷いた。皆、目の表情のみで十分に伝わる、温かい笑顔を向けてくれている。何気ない仕草を嬉しく思うA元課長だった。そんな気持ちに気づいたのか、彼は再び、A元課長に語り掛けた。
「いつも、いい表情でAさんは、作業されていますね~」。
A元課長は、今度は作業の手を止めて、彼の方を向いた。何となく続きの話が聞けそうだと思ったからだ。彼女の予感は的中した。彼のマスクが小さな波を打ち始める。
「あなたがここにいらしてから、どれくらいが経ちましたかね?最初は、TOARUのミズノさんがいらして、そして、あなたと内藤課長さんがいらして・・・あの頃は、まさかあなたが、このZ地方に移り住むなんて、想像しませんでしたね。ひょっとして、15:00から、TOARUさんに絡んだお話をされたいのでしょう?」
 彼の話に対し、A元課長は静かに頷いた。まさに図星だからだ。15:00まで、5分少々あるが、序曲の位置として、彼女は彼に向かって、応答した。
「この“白い家”の輝きを持続させるために・・・TOARUを利用する必要があります。唐突で、すみません・・・」
白い家の“長老”は、特に驚いた表情を見せることもなく、A元課長の瞳を笑顔で見つめながら、大きく頷いていた。決して、唐突とは思っていなかった様子だ。

視聴覚室にて:経理部長の関口ミツル&財務部課長内藤アヤカとの作戦会議!

 「会議は、どのような展開になったのでしょうか?関口部長が、あのインチキな人事考課システムの導入理由を聞きだしたのですよね・・・?」
 視聴覚室内で透明感のある声を張り上げるのは、もちろん、財務部課長の内藤アヤカだ。関口部長は浮かない顔をしている。きっと、良くない展開で会議が展開し、幕を閉じたのだろう。容易に想像がつくとばかりに、内藤は再び、質問にもならないような声を張り上げた。

 「結局、あの人事考課システムを購入する先は、やっぱり、ウチの役員の息がかかった業者なんですよね?ベタな昭和時代の悪しき慣習、いつまで続ける気でしょうか?」
 関口は、内藤の話を最後まで聞くと、視聴覚室の奥にある、古ぼけた音響機器の方に歩き、機器を一つずつ、手にするような仕草をした。マスク上の二つの瞳は冷静さを見せているが、険しさもある。内藤は、次の言葉で繋ぐのをためらった。関口の方をじっと見つめ、彼の言葉を待っていた。すると、機器の一つが床に落ちたのか、“ジャーン!”といった金属音を立てた。思わず、音がする方へ駆け寄る内藤。ただ、関口は内藤と対照的に相変わらず、冷静な様を表している。ようやく、ポツリとセリフを吐く関口。
「クラッシュシンバルですよ。ドラムセットの中の一つです。まだ、使えそうですね。錆の部分がかえって、粋で価値が上がった感じです。TOARUは、大昔、音楽ビジネスを展開しようとしていたのに、
頓挫した・・・確か、アーティストとの契約の面で、折り合いが合わなかったそうです。見切り発車です」。
 関口が当時の様子を淡々と語る。内藤は素朴な疑問がよぎった。大昔?どれくらい前なのか?もちろん、我々が入社する前の出来事。その頃、経理や財務部では、音楽ビジネスを展開する事業計画について、どこまでのチェック機能を果たしていたのだろうか?想像がつく。皆、当事者意識が薄く、役員らの進めるままにイエスマンを演じていたのだろう。
 あれから、時代は変わっていないのか?私や、目の前の経理部関口部長、人事の館林主任、皆がTOARUの経営参画者。ここで、目を背けていては、我々の存在意義がない。内藤が胸の中で、こんなピュアな思いを駆け巡らしている時。再び、関口のクリアなトーンの声が聞こえてきた。
「内藤課長のご想像のとおりです。私が役員らに問いただしたら、何も応えを頂けず・・・ついには、周りが止めに入りました。そして、これを見てください。今朝、受け取りました」。
 関口は、内藤に白い封筒を渡す。“TOARU株式会社”が印字されている、中身は何となく、想像できる。封筒から白い紙を出し、広げた。そこには、事務的で昭和時代から、代り映えのしない、無機質な文章が並べられていた。
“経理部 関口ミツルを庶務部備品管理室に異動を命じる。”
内藤は言葉を見つけようとするが、関口に先手を打たれた。
「ほっとしています。これから、私のやりたい放題です。さっそく、Z地方に赴いて、倉庫内の備品をテコ入れしますよ。A元課長とも接点を持ちながら、白い家での取り組みとTOARUを融合させるのです。そして、いつか、この視聴覚室内の備品も・・・」
柔らかい瞳で笑顔がマスク上からでも、見て取れる。関口の言葉に嘘や偽りなどない。我々で、TOARUを輝かせること。必ず、見つかるはず。内藤は清々しい表情を関口に見せた。そして、素直な気持ちが言葉として表された。
「クラッシュシンバルの他に何があるのかしら?ここにある備品たちにも、日向に出てもらいましょう!」
こんなピュアすぎる言葉が、管理職二人には似合っていた。窓の日差しがクラッシュシンバルを照らしている。

ミズノと館林。花壇の周りでの会話。

「館林さん、“インチキな人事システム”。本当に実態として、そうなのですか?内藤課長さんが以前、そう話していたのですが・・・」
TOARUの社屋前にある例の花壇を人事部主任の館林と財務部嘱託社員のミズノが囲んでいる。ミズノは、館林に素朴な疑問を投げかけた。館林は、冷静に応える。
「ミズノさんも、そこを疑問に思ったのですね。“インチキ”というのは、本当です。ただ、それは現場で使うスタッフにとってです。彼ら彼女らは、上司と部下の双方間で評価し合えるような、透明性のある機能を搭載したかったのです。それが、無視され、上層部の息が掛かった取引業者より、使い勝手が悪いモノが納品されようとしています」。
 ミズノは、館林の話を黙って傾聴する。そして、ゆっくりと言葉を返そうとしていた。
「この花壇に対し、経理のA元課長さんは、何か価値を創造しようとしていましたが、辞められました。今は、Z地方でダイヤモンドダストの発掘に関わっています。こうした動きを通し、我々ももっと踏み込んだ行動が必要でしょう」。
 丁寧な言葉を使って、諭すような話をするミズノ。そんな思いに、館林は気づく。
「ミズノさんのアイデアを聞かせてください。人事部主任として、精いっぱいやっているつもりですが、実は参っているのです」。
 そうですね・・・ミズノは、上空を見上げる。飛行機音が響いたからだ。それにつられて館林もウエを見上げる。すると、ミズノが話し始めた。
「社内に蔓延る“ウエ”の悪事を見つめ、正そうとすることは、誤っていません。でも、館林主任さんの部下の方々や他の社員さんも活き活きと働けるような環境を創り続けようとするならば、“インチキな人事システム”などにとらわれず、将来に向かって大切なことを次世代に引き継げるよう、本質的なところに着手するべきでしょう。そうしないと・・・」
 ミズノは、目線を花壇の方に落とす。館林もつられて同じような仕草をした。ミズノの最後の言葉が気になる?館林は、更に質問する。
「そうしないと・・・?ミズノさんは、どんなことを予測されているのですか?」
 ミズノは、館林の方をしっかりと見つめた。そして、忠告するかのように、話すのだった。
「この花壇の底から、何者かの手が伸びて、我々の足がすくわれるかもしれません」。
 ミズノの言葉は、ジョークのようには、到底聞こえなかった。またもや、飛行機音が上空に鳴り響く。ふと上を見あがると、ヘリコプターだった。何となく、我々の様子を伺っているかのように感じた。
 次のセリフは、館林の番だ。
「ミズノさん、花壇の底から、そして、組織を超えたもっと高い“ウエ”からも、我々を捕えようとするかもしれませんね」。
 ヘリコプターは、低空飛行を続ける。プロペラの音は、強い風に乗って、ビートを効かせていた。

次回へ続く

経理代行によって業務の効率化、コスト削減を実現する

FOC経理アウトソーシングは、経理に関連した業務全般の問題、課題を把握・整理したうえで、最適な業務運用をご提案、実行いたします。また庶務業務、給与計算業務も含めたトータルサービスもご提供しております。この効果として経理担当者は、本来やるべき業務に集中することができます。

サービスの特徴

  • 課題に応じたサービスアレンジ
  • 経理経験者が業務を設計・代行
  • 最適なIT・クラウド環境整備支援
  • 業務改善のアドバイス・財務コンサルティング

FOCは、30年/1,000社以上のノウハウを活かし、御社のコア業務の生産性向上、バックオフィス部門のコスト削減に貢献します。

経理業務のアウトソーシングに関する

ご相談・お問い合わせはこちら

サービスを詳しく見る
ご相談・お問い合わせはこちら

03-5275-7137(平日9:00〜17:30)

ライタープロフィール

田村 夕美子

経理環境改善コンサルタント・ビジネス系作家。(HP:https://giftwind.jp/)経理関連のセミナーや「日経ウーマン」「ダイヤモンドオンライン」など各種メディアへの執筆を中心に活動中。「できる経理の仕事のコツ」(日本実業出版社)など著書多数。 最新刊「税理士のためのコミュニケーション術」(第一法規)が好評発売中。インスタグラムにて『前向きビジネスパーソンに贈るYumiko録×夕美子録』配信中。https://www.instagram.com/yumiko.tamura.giftwind/

田村 夕美子

  • はてな
    ブックマーク